久能山東照宮

 久能山東照宮

  徳川家康は、大御所として駿府に在城当時、「久能城は駿府城本丸と思う」と、久能山の重要性を説いたといわれる。死後、その遺骸は遺命によって久能山に葬られ、元和3年(1617年)12月には2代将軍・秀忠によって東照社(現・久能山東照宮)の社殿が造営された。家康の遺命久能山への埋葬及び日光山への神社造営であったので、日光山の東照社もほぼ同時期に造営が始まっている。日光山の東照社は3代将軍・家光の代になって「寛永の大造替」と呼ばれる大改築がされ、徳川家康を祀る日本全国の東照宮の総本社的存在となった。同時に家光は久能山の整備も命じており、社殿以外の透塀、薬師堂(現・日枝神社)、神楽殿、鐘楼(現・鼓楼)、五重塔(現存は無い)、楼門が増築された。

 

東静岡駅からバスに乗り40分かけて日本平ロープウェイにきた、そこからロープウエイで久能山まで。行きなのに下がっていくのには意表をつかれた。

f:id:Ryugnan:20181201222215j:plain

f:id:Ryugnan:20181201222237j:plain

f:id:Ryugnan:20181201222302j:plain

 

楼門

f:id:Ryugnan:20181201222424j:plain

f:id:Ryugnan:20181201222526j:plain

f:id:Ryugnan:20181201222702j:plain

 

唐門

f:id:Ryugnan:20181201222845j:plain

f:id:Ryugnan:20181201222952j:plain

f:id:Ryugnan:20181201222424j:plain

 

楽殿

f:id:Ryugnan:20181201223118j:plain

 

神庫

f:id:Ryugnan:20181201223159j:plain

 

日枝神社

f:id:Ryugnan:20181201223324j:plain

f:id:Ryugnan:20181201223426j:plain

 

御社殿(国宝)

f:id:Ryugnan:20181201223755j:plain

f:id:Ryugnan:20181201223838j:plain

f:id:Ryugnan:20181201223917j:plain

f:id:Ryugnan:20181201223653j:plain

f:id:Ryugnan:20181201224324j:plain

f:id:Ryugnan:20181201224121j:plain

f:id:Ryugnan:20181201224154j:plain

 

神廟

f:id:Ryugnan:20181201224624j:plain

f:id:Ryugnan:20181201224705j:plain

f:id:Ryugnan:20181201224802j:plain

f:id:Ryugnan:20181201224903j:plain

 

金のなる木

f:id:Ryugnan:20181201224942j:plain

 

日本平ロープウェイの展望テラス

f:id:Ryugnan:20181201225105j:plain

 

バスで静岡駅まで行くが予定40分のところ、1時間かかった。

f:id:Ryugnan:20181201225218j:plain

f:id:Ryugnan:20181201225309j:plain