グランシップ・静岡県コンベンションアーツセンター

グランシップ・静岡県コンベンションアーツセンター

  JR東静岡駅南口にある静岡県立のコンベンションセンター。建築家の磯崎新によって設計された。外観は船をイメージしており、形にちなんだ「グランシップ」という愛称が付けられている。

f:id:Ryugnan:20181202134301j:plain

f:id:Ryugnan:20181202142147j:plain

 

  地下2階・地上12階建てで延べ床面積は60,360m2あり、全長は200mを越え、高さは約60mと巨大な建造物である。

f:id:Ryugnan:20181202135944j:plain

 

中ホール

f:id:Ryugnan:20181202140044j:plain

 

展示会場

f:id:Ryugnan:20181202140116j:plain

f:id:Ryugnan:20181202140138j:plain

 

グランシップ9Fから見た富士山

f:id:Ryugnan:20181202141954j:plain

 

地上から見た富士山

f:id:Ryugnan:20181202142034j:plain

東静岡駅

f:id:Ryugnan:20181202140429j:plain

 

柚木の湯

f:id:Ryugnan:20181202140512j:plain

f:id:Ryugnan:20181202140537j:plain