興福寺(世界遺産)

興福寺

 

 興福寺は、南都六宗華厳宗法相宗律宗三論宗成実宗倶舎宗)のひとつである法相宗の総本山。 669年(天智8年)、藤原鎌足が病を得た際、夫人の鏡大王が夫の回復を祈って、釈迦三尊などの仏像を祀るために寺を建てた。それが興福寺の前身となる山階寺

 672年の壬申の乱の後、山階寺藤原京へ移された。その場所の名を取って、厩坂寺となった。 そして、710年(和銅3年)の平城京遷都の時に、藤原不比等によって再度移設され、名前が興福寺となった。

 藤原氏の氏寺として、興福寺は保護を受け、藤原氏だけでなく天皇や皇后によって多くの堂塔が建設された。奈良時代には四大寺のひとつ、平安時代には七大寺のひとつに数えられた。 藤原氏春日大社を創始したが、神道と仏教を一体化して信仰する神仏習合が盛んになると、興福寺は春日社と合体し、さらに勢力を伸ばしていった。公卿の子弟が入寺するようにもなり、門跡寺院にもなった。 しかし、1180年(治承4年)の平重衡による焼き討ちで、東大寺と共にほとんどの伽藍が焼失してしまった。復興までには長い道のりがあったが、僧・信円の尽力などによりなんとか達成した。この際に作り直した仏像は、運慶らの作品。その後も、僧兵などを有して再び力を持った。

 ところが、今度は致命的な出来事が興福寺に降りかかった。1868年(慶応4年)の神仏分離令である春日大社との神仏習合によって栄えていた興福寺は、寺領の没収や門主の還俗などで大きなダメージを受けてしまった。 1881年明治4年)になり、ようやく再興が許可され、伽藍の再建が進んでいった。

 

中金堂

 釈迦三尊を安置するために、710年から建てられたのではないかといわれている。焼失と再建を繰り返しており、1717年享保2年)の火災の後、一回り小さな仮堂として再建された。1975年(昭和50年)に仮金堂が作られ、本尊の釈迦如来像と、薬王・薬上菩薩像、四天王像が安置されています。2018年(平成30年)、再建された。f:id:Ryugnan:20191005145255j:plain

f:id:Ryugnan:20191005145151j:plain

f:id:Ryugnan:20191005145048j:plain

 

東金堂(国宝)

 726年(神亀3年)、聖武天皇が、叔母である元正太上皇の病の平癒を祈って建てた。唐招提寺の金堂にならった天平様式で創られている。本尊は薬師如来像で、日光・月光菩薩像、文殊菩薩像、維摩居士像、四天王像、十二神将像が安置されている。なお、日光・月光菩薩像は奈良時代のもの。 f:id:Ryugnan:20191005145109j:plain

 

北円堂(国宝)

 藤原不比等の一周忌である721年(養老5年)に、元明太上天皇元正天皇が建てた八角円堂。現存している建物は13世紀前半のもので、興福寺に現存する建物の中では最も古い部類に入る。本尊は弥勒如来像で、法苑林・大妙相菩薩像、無著・世親菩薩像や四天王像が安置されている。 f:id:Ryugnan:20191005145326j:plain

f:id:Ryugnan:20191005145350j:plain

f:id:Ryugnan:20191005145501j:plain

 

五重塔(国宝)

 塔は仏舎利をおさめるための墓標で、この塔は、730年(天平2年光明皇后藤原不比等の子)によって建てられた。高さが50.1mあり、これは木造の塔では東寺の五重塔に次いで2番目の高さ。f:id:Ryugnan:20191005145019j:plain

f:id:Ryugnan:20191005145133j:plain


三重塔(国宝)

 1143年(康治2年)、崇徳天皇中宮・皇嘉門院によって建立された。北円堂とともに、興福寺に現存する建物では最古の部類に入る。 f:id:Ryugnan:20191005145412j:plain

f:id:Ryugnan:20191005145436j:plain