海晏寺@青物横丁・2020年5月24日

海晏寺@青物横丁

 

海晏寺は、品川区南品川五丁目にある曹洞宗の寺院。建長3年(1251年)開山。本尊は聖観音菩薩、山号補陀落山f:id:Ryugnan:20200525172557j:plain

 

 

建長3年(1251年)、鮫洲に浮上がった大鮫の死体から正観音木像が出てきたことから、その正観音木像を安置するための堂宇として、北条時頼が、建長寺開山大覚禅師を迎えて創建した。戦国時代に荒廃したが、徳川家康の命により再建、文禄2年(1593年)本多佐渡守正信を迎えて、臨済宗建長寺派から曹洞宗系単立として中興開山し、現在に至る。江戸時代「御殿山の桜」とならび紅葉の名所として知られていた。墓地には岩倉具視松平春嶽由利公正など幕末・明治期に活躍した人々の墓所がある。

f:id:Ryugnan:20200525172616j:plain

f:id:Ryugnan:20200525172632j:plain

f:id:Ryugnan:20200525172710j:plain

 

堂宇

f:id:Ryugnan:20200525172651j:plain

f:id:Ryugnan:20200525172728j:plain

f:id:Ryugnan:20200525172747j:plain

 

鐘楼f:id:Ryugnan:20200525172803j:plain

f:id:Ryugnan:20200525172836j:plain