深川不動尊・2020年7月26日

深川不動尊

江東区富岡にある真言宗智山派の寺院であり、千葉県成田市にある成田山新勝寺東京別院。通称は深川不動尊深川不動堂f:id:Ryugnan:20200727133811j:plain

 

江戸時代のはじめ、歌舞伎役者の市川團十郎が、不動明王が登場する芝居を打ったことなどにより、成田山不動明王を拝観したいという気運が江戸っ子たちのあいだで高まった。これを受けて、元禄16年(1703年)、1回目の成田不動の「出開帳」が富岡八幡宮別当・永代寺で開かれた。これが深川不動堂の始まりである。江戸における成田不動の出開帳は安政3年(1856年)まで、江戸時代を通じて12回行われたが、そのうち1回を除いて深川永代寺が会場となった。f:id:Ryugnan:20200727133848j:plain

 

永代寺は明治維新後、神仏分離令により廃寺となり、旧境内は深川公園となった。しかし不動尊信仰は止むことがなく、明治11年1878年)に現在の場所に成田不動の分霊を祀り、「深川不動堂」として存続することが東京府により認められた。境内地は、深川公園の一部を永久かつ無償で借用することが認められたものである。明治14年1881年)に本堂が完成。その後本堂は関東大震災東京大空襲と二度にわたって焼失したが、役僧たちが命がけで運び出したことにより、本尊は焼失を免れた。永代寺は門前にあった塔頭吉祥院明治29年(1896年)に再興され、名跡を継いだ。なお、地名「門前仲町」は「永代寺の門前町」という意味である。f:id:Ryugnan:20200727133953j:plain

 

参道f:id:Ryugnan:20200727133917j:plain

f:id:Ryugnan:20200727133936j:plain

 

旧本堂

前本堂が東京大空襲で焼失した後、千葉県本埜村の龍腹寺の堂(文久3年・1863年建立)を移築して本堂としたもので、昭和25年(1950年)に移築が完了、翌年に落慶法要が営まれた。現在は帆刈黌童作の丈八の「おねがい不動尊」が安置されている。現在は江東区の指定登録文化財となっており、区内最古の木造建築といわれている。f:id:Ryugnan:20200727133936j:plain

f:id:Ryugnan:20200727134011j:plain

f:id:Ryugnan:20200727134032j:plain

f:id:Ryugnan:20200727134258j:plain

f:id:Ryugnan:20200727134148j:plain

f:id:Ryugnan:20200727134513j:plain

f:id:Ryugnan:20200727134330j:plain

f:id:Ryugnan:20200727134315j:plain

 

本堂

旧本堂の西側にある外壁に梵字不動明王真言)を散りばめてある建物。開創310年を期に平成23年(2011年)に完成。同年4月16日の夜間に旧本堂より本尊不動明王像及び脇侍の二童子像、四大明王像を遷座し、翌17日から護摩供養は新本堂で行われている。平成24年(2012年)9月15日、新勝寺貫首によって落慶法要が営まれた。1日5回(縁日のときは6回)護摩供養が行われる。不動明王童子像・四大明王像は江東区指定文化財f:id:Ryugnan:20200727134052j:plain

f:id:Ryugnan:20200727134240j:plain

f:id:Ryugnan:20200727134223j:plain

f:id:Ryugnan:20200727134204j:plain

 

内仏殿

旧本堂の後ろにある内仏殿では、諸仏諸尊をお祀りしている。4階では日本最大級の天井画「大日如来蓮池図」を公開している。f:id:Ryugnan:20200727135327j:plain

 

祈祷殿

こちらではお車の交通安全祈願を執り行う。あらゆる車種においても奉修する。f:id:Ryugnan:20200727134530j:plain

f:id:Ryugnan:20200727134547j:plain

 

深川龍神

境内を入って左側に深川龍神がある。我が国では、龍神は農耕儀礼との結びつきが深く、水を司る神として古来より多くの人々に崇められてきた。龍神の霊験は顕著で、農業や水産業が豊かになることを祈り当堂へ勧請された。水鉢に「龍神願い札」を浮かべてご祈願すると御札は水に溶け、願い事が龍神の許に届くといわれている。f:id:Ryugnan:20200727134441j:plain

f:id:Ryugnan:20200727134459j:plain

 

開運出世稲荷

境内に入るとすぐ右側に、総檜造り檜皮葺きの社殿がある。こちらでは成田山新勝寺境内に御座す「成田山開運出世稲荷」のご分霊を勧請奉祀している。開運成就のご利益があるとされ、社殿の周囲にはご信徒によって奉献されたのぼり幡がはためいている。f:id:Ryugnan:20200727134407j:plain

f:id:Ryugnan:20200727134424j:plain

 

東側赤門f:id:Ryugnan:20200727134603j:plain