お城

福岡城(重要文化財)・2022年11月13日

福岡城 筑前国那珂郡警固村福崎のち福岡に築かれた江戸時代の日本の城。別名、舞鶴城、石城。国の史跡に指定されている。現在、城跡は舞鶴公園と大濠公園となっている。 江戸時代初頭、関ヶ原の戦いで功績のあった外様大名の黒田長政が、警固村福崎の丘陵地…

唐津城・2022年11月11日

唐津城 唐津市東城内にあった日本の城である。別名は、舞鶴城。唐津市街の北部に位置し、松浦川が唐津湾に注ぐ河口の左岸、満島山に位置する。唐津湾に突き出た満島山上に本丸が配され、その西側に二の丸、三の丸が配された連郭式の平山城である。北面は唐津…

名古屋城(特別史跡)・2022年11月5日

名古屋城 名古屋城は、織田信長誕生の城とされる今川氏築城の那古野城の跡周辺に、徳川家康が天下普請によって築城した。以降明治維新まで徳川御三家の筆頭とされる尾張徳川家17代の居城だった。 大阪城、熊本城とともに日本三名城に数えられ、伊勢音頭では…

彦根城(国宝)・2022年11月4日

彦根城 近江国犬上郡彦根にある城。江戸時代には彦根藩の政庁が置かれた。天守、附櫓及び多聞櫓は国宝、城跡は特別史跡かつ琵琶湖国定公園第1種特別地域である。天守が国宝指定された5城のうちの一つである。江戸時代初期、現在の滋賀県彦根市金亀町にある彦…

犬山城(国宝)・2022年11月3日

犬山城 尾張国と美濃国の境、木曽川南岸の地「犬山」にあった日本の城である。現在の場所で言えば愛知県犬山市にあり、天守のみが現存し、江戸時代までに建造された「現存天守12城」のひとつである。また天守が国宝指定された5城のうちの一つである。城跡は…

大阪城・2022年9月11日

大坂城 織田信長に抗していた石山本願寺の跡地を手に入れた豊臣秀吉は、全国統一の本拠地をこの地大阪と定め、天正11年(1583年)、雄大極まりない大阪城の建築に着手した。完成に約15年を要したその規模は現在の4~5倍という広大なものであり、本丸中央には…

姫路城(世界遺産、国宝)・2022年9月10日

姫路城 姫路城は姫路市街の北側にある姫山および鷺山を中心に築かれた平山城で、日本における近世城郭の代表的な遺構である。江戸時代以前に建設された天守が残る現存12天守の一つで、中堀以内のほとんどの城域が特別史跡に、現存建築物の内、大天守・小天守…

松本城(国宝)・2022年6月4日

松本城 戦国時代の永正年間(1504-1520年)に、信濃守護家小笠原氏(府中小笠原氏)が林城を築城し、その支城の一つとして深志城が築城されたのが始まりといわれている。 1590年(天正18年)の豊臣秀吉による小田原征伐の結果、徳川家の関東移封が行われ当時…

湯築城・2021年8月25日

湯築城 松山市道後公園にある城跡。堀や土塁が現存する。国の史跡に指定されている。 建武2年(1335年)前後、伊予国の守護であった河野通盛の代に築城され、一族本貫の地である風早郡河野郷(現松山市河野)より移住した。

松山城・2021年8月24日

松山城 松山市の中心部、勝山(城山)山頂に本丸、西南麓に二之丸と三之丸を構える平山城である。日本三大平山城にも数えられる。山頂の本壇にある天守は、日本の12箇所に現存する天守の一つである。この中では、日本三大連立式平山城の1つにも数えられる。1…

高知城・2021年8月20日

高知城 江戸時代には土佐藩の藩庁が置かれた。江戸時代に建造された天守や本丸御殿、追手門等が現存し、城跡は国の史跡に指定されている。 追手門 板垣退助の像 石樋 鉄門跡 二ノ丸 天守閣 天守閣からの眺め 山内一豊の妻の像

松江城(国宝)・2020年11月1日

松江城 島根県松江市殿町に築かれた江戸時代の日本の城。別名・千鳥城。現存天守は国宝、城跡は国の史跡に指定されている。小瀬甫庵の縄張りによる平山城。江戸時代には松江藩の政庁として、出雲地方の政治経済の中心であった。山陰地方で唯一の現存天守であ…

小田原城・2020年8月18日

小田原城 小田原城が初めて築かれたのは、大森氏が小田原地方に進出した15世紀中ごろのことと考えられている。1500年ごろに戦国大名小田原北条氏の居城となってから、関東支配の中心拠点として次第に拡張整備され、豊臣秀吉の来攻に備えて城下を囲む総構を完…

越前大野城

越前大野城 鍬掛コース(天空への小径)を20分ほど登る。かなりきつい。 頂上からの眺め。残念ながら雲海は出ていなかった。 降る。 マクドで朝食。250円というのは安い。 越前大野城に行く。 1575年(天正3年)、織田信長より越前一向一揆を平定した恩賞と…

小丸城址

小丸城址 越前国で起こった一向一揆を収めた織田信長が、府中10万石あまりを府中三人衆に治めさせた。信長の命を受け、三人衆の佐々成政が1575年に築城を開始したが、1581年に成政は越中国に移封され、6年余りで廃城となった。 野々宮廃寺跡の一部を取り込ん…

福岡城址

福岡城址 江戸時代初頭、黒田長政が、警固村福崎の丘陵地に築いた城。以降、明治まで福岡藩黒田氏の居城となった。城地となった警固村福崎は、古くから商人の町として栄えていた博多の西側に位置する。 天守台跡 現在、城跡には現存櫓や移築された櫓や城門、…

大分城(府内城)

大分城(府内城) 府内城は、大分市街の中心に位置する梯郭式平城。安土桃山時代後期、府内に12万石で入封した福原直高が府内の荷落に築城を始めたが、福原氏は改易され、早川長政の府内領再封を経て、関ヶ原の戦いの後に3万5千石で入封した竹中重利が完成さ…

広島城

広島城 広島城は典型的な平城。1589年(天正17年)、中国地方の大半を領有していた毛利輝元によって水陸交通の便のよいこの地に築城が開始された。この時、石垣や堀、天守閣等の建物、城下町を含む大規模な工事が行われた。毛利氏は関ヶ原合戦の後移封される…

津城跡

津城跡 織田信包(信長の弟)が天正8年(1580)に津城を創築。以後、津は城下町として発展してきた。本丸を中心に出丸を置き、幾筋かの河流を城の外堀に取り入れたもので、 低湿地ながら防御には堅固な城だった。 その後、藤堂高虎公が四国伊予の今治(愛媛県…

五稜郭

五稜郭 五稜郭タワー タクシーでまずは五稜郭タワーへ。五稜郭タワーは築城100年にあたる1964年に初代タワーが開業。高さ60mだった。 同タワーが2004年に創業40周年を迎えるのを機に、施設の老朽化もあり、建て替え計画構想が浮上。旧タワーの隣地にて2004年…

丸岡城

丸岡城 1575年、織田信長が越前平定のため越前に攻め入り、豊原寺などの一向宗の拠点を焼き尽くした。その後、柴田勝家の甥、柴田勝豊がその豊原の地に居を構え、翌1576年「まるこの岡」と呼ばれていた現在の丸岡城の場所に城を移した。 江戸・明治・大正と…

福井城址

福井城址 福井駅に到着。 福井城へ。御本城橋。 1600年に徳川家康の次男である結城秀康が68万石で北ノ庄に入封されると、翌1601年より天下普請による築城を開始する。 1604年に秀康が松平氏を名乗ることを許され、名実共に御家門の居城にふさわしい城となる…

高岡城址

高岡城址 加賀前田家二代の利長公は、慶長14年(1609)3月、当時関野と呼ばれていた地に新しく城をつくることにした。「詩経」の一節からこの地を「高岡」と名付け、同年9月に高岡城に入城した。その後、元和元年(1615)、城は一国一城令により廃城となった…

熊本城

熊本城 加藤清正が中世城郭を取り込み改築した平山城で、加藤氏改易後の江戸時代の大半は熊本藩細川家の居城。明治の西南戦争の戦場となった。西南戦争の直前に大小天守や御殿など本丸の建築群が焼失し、現在の天守は1960年の再建である。宇土櫓などの現存す…

駿府城

駿府城 江戸時代初期、徳川家康は将軍職を譲り、大御所となって江戸から駿府に隠居した。このとき駿府城は大修築され、ほぼ現在の形である3重の堀を持つ平城が成立した。 天守閣は、石垣天端で約55m×48mという城郭史上最大のものであった。しかし1607年(慶…

二条城(世界遺産)

二条城(世界遺産) まず京都駅へ行き、荷物を置いてから、 バスで二条城へ。途中に東本願寺が、 二条城 東大手門 二の丸御殿(国宝) 二の丸庭園 本丸櫓門 天守閣跡 天守閣跡からの眺め。 北中仕切門 清流園 北大手門 東南隅櫓

小倉城

小倉城 天守閣(現在工事中) 宮本武蔵の碑 旧第十二師団司令部の正門 旧歩兵第十二旅団司令部跡

仙台城址

仙台城址 雨の仙台城 軍馬・軍用動物彰忠塔 「紀元二千六百年奉祝行事」を記念して、1940年に建てられた。日清戦争(1894~95)から日中戦争(1937~45)最中まで徴用された軍馬と軍用動物の功労を顕彰するために追廻練兵場に建立された彰忠塔。 五色沼 魯迅…

金沢城 二の丸

金沢城 二の丸

久保田城御隅櫓

久保田城御隅櫓 久保田城内には八つの御隅櫓があったが、市政100周年を記念して復元された御隅櫓は本丸の北西隅に位置していたもの。 櫓とは、見張り場としての役割と「矢倉」すなわち武器庫としての役割を担っていた。近世の櫓は、隅櫓と多聞櫓(多聞長屋)…