国宝

住吉大社(国宝)・2022年9月12日

住吉大社 住吉大社は、大阪府大阪市住吉区住吉にある神社。式内社(名神大社)、摂津国一宮、二十二社(中七社)の一つ。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。全国にある住吉神社の総本社である。本殿4棟は国宝に指定されている。 第一の鳥居 反…

姫路城(世界遺産、国宝)・2022年9月10日

姫路城 姫路城は姫路市街の北側にある姫山および鷺山を中心に築かれた平山城で、日本における近世城郭の代表的な遺構である。江戸時代以前に建設された天守が残る現存12天守の一つで、中堀以内のほとんどの城域が特別史跡に、現存建築物の内、大天守・小天守…

松本城(国宝)・2022年6月4日

松本城 戦国時代の永正年間(1504-1520年)に、信濃守護家小笠原氏(府中小笠原氏)が林城を築城し、その支城の一つとして深志城が築城されたのが始まりといわれている。 1590年(天正18年)の豊臣秀吉による小田原征伐の結果、徳川家の関東移封が行われ当時…

旧開智学校(国宝)・2022年6月4日

旧開智学校 旧開智学校は明治6年(1873年)5月6日、筑摩県学を改め学制による小学校として、廃仏毀釈で廃寺となった全久院の建物を仮の校舎として開校した。新校舎は明治9年4月に全久院跡地に竣工し、昭和38年(1963年)3月まで90年近くも使用された。文明開…

善光寺(国宝)・2022年6月3日

善光寺 草創期を語る史料は残念ながら善光寺には残っていない。しかし、発掘史料や史書などから、いにしえの善光寺の姿をうかがい知ることはできる。7世紀後半頃には、かなりの規模を持つ寺院がこの地に建立されていたことがわかってきた。近代を迎え、交通…

輪王寺 大猷院(世界遺産、国宝)・2022年5月20日

輪王寺 大猷院 大猷院とは徳川三代将軍「家光公」の廟所(廟所=墓所)で、境内には世界遺産に登録された22件の国宝、重要文化財が建ており、315基の灯籠も印象的。祖父である「家康公」(東照宮)を凌いではならないという遺言により、金と黒を使用し重厚で…

日光東照宮(世界遺産、国宝)・2022年5月20日

日光東照宮 小学校の修学旅行以来、45年ぶりの参拝。三猿と鳴龍についておぼろげな記憶があるくらい。家康公の墓所以外は、意外とコンパクトにまとまっていて参拝しやすい。入場料は1,300円。各所で東照宮の方から説明があるのだが、その後、物販みたいなこ…

知恩院(国宝)・2021年1月11日

知恩院(国宝) 京都市東山区にある浄土宗総本山の寺院。山号は華頂山。詳名は華頂山知恩教院大谷寺。本尊は法然上人像(本堂)及び阿弥陀如来(阿弥陀堂)、開基(創立者)は法然である。浄土宗の宗祖・法然が後半生を過ごし、没したゆかりの地に建てられた…

八坂神社(国宝)・2021年1月11日

八坂神社(国宝) 京都市東山区祇園町北側にある神社。二十二社(下八社)の一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。 全国にある八坂神社や素戔嗚尊を祭神とする関連神社(約2,300社)の総本社であると主張している。通称として祇園さんとも呼…

本願寺(世界遺産、国宝)・2021年1月9日

本願寺 京都市下京区にある仏教寺院。浄土真宗本願寺派の本山。山号は龍谷山。正式名称は龍谷山 本願寺、宗教法人としての名称は本願寺である。本願寺住職が浄土真宗本願寺派の門主となる。真宗大谷派の本山である「東本願寺」と区別するため、両派の本山は…

清水寺(世界遺産、国宝)・2021年1月9日

清水寺 京都市東山区清水にある寺院。山号は音羽山。もとは法相宗に属したが、現在は独立して北法相宗大本山を名乗る。西国三十三所第16番札所。本尊は十一面千手観世音菩薩。清水寺は法相宗(南都六宗の一)系の寺院で、広隆寺、鞍馬寺とともに、平安京遷都…

松江城(国宝)・2020年11月1日

松江城 島根県松江市殿町に築かれた江戸時代の日本の城。別名・千鳥城。現存天守は国宝、城跡は国の史跡に指定されている。小瀬甫庵の縄張りによる平山城。江戸時代には松江藩の政庁として、出雲地方の政治経済の中心であった。山陰地方で唯一の現存天守であ…

出雲大社(国宝)・2020年10月31日

出雲大社 島根県出雲市大社町杵築東にある神社。祭神は大国主大神。式内社(名神大)、出雲国一宮で旧社格は官幣大社。神社本庁の別表神社。宗教法人出雲大社教の宗祠。 二拝四拍手一拝の作法で拝礼する。明治維新に伴う近代社格制度下において唯一「大社」…

厳島神社(世界遺産、国宝)

厳島神社 大鳥居 本社火焼前より88間の海面にそびえる朱塗りの大鳥居は、奈良の大仏とほぼ同じ高さの16m、重量は約60t。主柱は樹齢500~600年のクスノキの自然木で作られており、8代目にあたる現在の鳥居を建立するにあたっては、巨木探しに20年近い歳月を…

専修寺(国宝)

専修寺 三重県津市一身田町にある専修寺は、1469 - 1487年に真慧が伊勢国の中心寺院として建立した。当時この寺は「無量寿院」と呼ばれており、文明10年(1478年)には真慧は朝廷の尊崇を得て、「この寺を皇室の御祈願所にする」との後土御門天皇綸旨を得る…

薬師寺(世界遺産)

薬師寺 薬師寺は、680年に、天武天皇が皇后・鵜野讃良皇女(後の持統天皇)の病気回復を祈って建立に取り掛かかった。しかし完成を見ることなく天皇は686年に没し、後を継いだ持統天皇とその後の文武天皇に伽藍の建築・整備が受け継がれた。 710年(和銅3年…

唐招提寺(世界遺産)

唐招提寺 唐招提寺は、南都六宗(華厳宗・法相宗・律宗・三論宗・成実宗・倶舎宗)のひとつである律宗の総本山で、唐からやって来た高僧・鑑真(688年~763年)が建立した。 鑑真は唐で高僧としての地位を築いていたが、遣唐使船でやって来ていた二人の僧・…

東大寺(世界遺産)

東大寺 奈良の大仏として知られている盧舎那仏が大仏殿に収められていることで知られる東大寺は、正式名称は金光明四天王護国之寺とされており、全国の国分寺の中心である「総国分寺」であった。 8世紀前半には、東大寺の前身の寺院が創建されていた。聖武天…

春日大社(世界遺産)

春日大社 中臣氏(藤原氏)の氏神を祀っており、全国に約1000社ある春日神社の総本社でもある。 祭神は武甕槌命・経津主命・天児屋根命・比売神の四神。 春日大社は、768年に藤原氏の氏社として造られた。藤原氏の勢いが盛んになると共に、春日大社も繁栄を…

元興寺 (世界遺産)

元興寺 元興寺の歴史は、前身である法興寺からはじまる。法興寺は、蘇我馬子が飛鳥に建立した寺で、日本で最も古い本格的な寺院だが、710年(和銅3年)の平城京遷都と共に移転し、その名を元興寺と変更した。 奈良時代には隆盛をきわめ、三論宗と法相宗の道…

興福寺(世界遺産)

興福寺 興福寺は、南都六宗(華厳宗・法相宗・律宗・三論宗・成実宗・倶舎宗)のひとつである法相宗の総本山。 669年(天智8年)、藤原鎌足が病を得た際、夫人の鏡大王が夫の回復を祈って、釈迦三尊などの仏像を祀るために寺を建てた。それが興福寺の前身と…

法起寺(世界遺産)

法起寺 聖徳宗の寺であり、昔は岡本寺、池後寺などとも呼ばれていた。本尊は十一面観音。 そもそもこの地は、聖徳太子が法華経を講説した岡本宮の跡地であるといわれている。太子の息子・山背大兄王が、太子の遺言によりここを寺に改めた。 638年(舒明10年…

法隆寺(世界遺産)

法隆寺 世界遺産・法隆寺地域の仏教建造物 「法隆寺地域の仏教建造物」は世界最古の木造建造物であり、1993年に世界文化遺産に登録された。なかでも法隆寺は、日本の宗教の一つである聖徳宗の総本山。法隆寺は、バチカンの世界遺産「サン・ピエトロ大聖堂」…

瑞龍寺(国宝)

瑞龍寺(国宝) 新幹線で新高岡に到着。仕事の前に国宝・瑞龍寺を見学。 瑞龍寺は加賀藩2代藩主前田利長が、織田信長・信忠らの追善のため、1594年、金沢に創建した宝円寺が瑞龍寺の前身。法円寺は、利長死去の前年の1613年、高岡に移された。 3代藩主前田利…

東寺(世界遺産)

東寺(世界遺産) 五条から九条まで地下鉄で行き、東寺まで歩く。五重塔が見えてきた。 東門 宝蔵 拝観入口の慶賀門の南側、掘割で囲まれた中に建つ。平安後期建立の校倉(あぜくら)造倉庫で、東寺最古の建造物。 食堂 東大門 五重塔(国宝) 高さ54.8メー…