東寺(世界遺産)

東寺(世界遺産

五条から九条まで地下鉄で行き、東寺まで歩く。五重塔が見えてきた。

f:id:Ryugnan:20181128231505j:plain

f:id:Ryugnan:20181128231526j:plain

 

東門

f:id:Ryugnan:20181128231703j:plain

f:id:Ryugnan:20181128231731j:plain

 

宝蔵

拝観入口の慶賀門の南側、掘割で囲まれた中に建つ。平安後期建立の校倉(あぜくら)造倉庫で、東寺最古の建造物。

f:id:Ryugnan:20181128231812j:plain

f:id:Ryugnan:20181128231831j:plain

 

食堂

f:id:Ryugnan:20181128232204j:plain

 

東大門

f:id:Ryugnan:20181128232246j:plain

f:id:Ryugnan:20181128232309j:plain

 

五重塔(国宝)

高さ54.8メートルは木造塔としては日本一の高さを誇る。天長3年(826年)空海により、創建着手に始まるが、実際の創建は空海没後の9世紀末。雷火や不審火で4回焼失しており、現在の塔は5代目で、寛永21年(1644年)、徳川家光の寄進で建てられたもの。

f:id:Ryugnan:20181128232544j:plain

f:id:Ryugnan:20181128232620j:plain

f:id:Ryugnan:20181128232645j:plain

f:id:Ryugnan:20181128232711j:plain

f:id:Ryugnan:20181128232734j:plain

f:id:Ryugnan:20181128232759j:plain

f:id:Ryugnan:20181128232825j:plain

f:id:Ryugnan:20181128232858j:plain

f:id:Ryugnan:20181128232927j:plain

 

金堂

東寺の中心堂宇で、諸堂塔のうちもっとも早く建設が始められ、東寺が空海に下賜された弘仁14年(823年)までには完成していたと推定される。現存の建物は慶長8年(1603年)、豊臣秀頼の寄進によって再建したもので、奉行として片桐且元が任に当たった。

f:id:Ryugnan:20181128233312j:plain

f:id:Ryugnan:20181128233335j:plain

 

講堂

金堂の背後(北)に建つ。東寺が空海に下賜された弘仁14年(823年)にはまだ建立されておらず、天長2年(825年)空海により着工、承和2年(835年)頃完成した。当初の堂は文明18年(1486年)の土一揆による火災で焼失し、室町時代延徳3年(1491年)に再建されたのが現存する講堂である。

f:id:Ryugnan:20181128233659j:plain

 

帰りは京都駅まで歩き、大混雑の京都駅から新幹線で帰った。

f:id:Ryugnan:20181128233940j:plain

f:id:Ryugnan:20181128234013j:plain

f:id:Ryugnan:20181128233915j:plain