法起寺(世界遺産)

法起寺

 

 聖徳宗の寺であり、昔は岡本寺、池後寺などとも呼ばれていた。本尊は十一面観音。 そもそもこの地は、聖徳太子法華経を講説した岡本宮の跡地であるといわれている。太子の息子・山背大兄王が、太子の遺言によりここを寺に改めた。

 638年(舒明10年)には、福亮僧正により金堂が建立され、685年(天武14年)には恵施僧正(えせそうじょう)が宝塔の建立を発願し、後に建設された。

 このように、奈良時代は栄えた法起寺だが、平安時代からは法隆寺の下に入り、徐々に衰退していった。江戸時代初期には、三重塔のみが残されていた。 そこで、寺僧の真政圓忍たちが復興に立ち上がった。1678(延宝6年)に三重塔を修復し、1694年(元禄7年)には講堂を再建した。1863年文久3年)に聖天堂を建立し、伽藍を整えた。それから修理・改修を加えつつ、現在に至る。 f:id:Ryugnan:20191002232000j:plain

 

 法起寺の伽藍

 法起寺の伽藍は、塔が東で金堂が西に配置されていた。これは、法隆寺の西院や法輪寺とは逆の造りになっている。

 

 三重塔(国宝)

 708年(慶雲3年)の建立。日本最古の三重塔だが、江戸時代の修理で大幅な改造がなされていたため、1970年~1975年(昭和45年~昭和50年)の修理の際に、創建時と同じ形に復元された。f:id:Ryugnan:20191002232037j:plain

f:id:Ryugnan:20191002232108j:plain

f:id:Ryugnan:20191002232132j:plain

f:id:Ryugnan:20191002232155j:plain

 

講堂f:id:Ryugnan:20191002232306j:plain