多け乃@築地・カキフライ定食・2022年1月29日

多け乃

冬の牡蠣のシーズンなのでカキフライも有名な築地の老舗を初訪問。創業昭和10年(1935年)で築地市場の開業と同じだそうだ。11時開店とのことなので11時5分に到着。店前は雑然としている。f:id:Ryugnan:20220129140353j:plain

f:id:Ryugnan:20220129140410j:plain

 

店内。2階もあるが1階はほぼ満席でテーブル席に相席となる。隣のカップルは酒を飲みながら談笑中。カウンター席も詰め込んでおり、コロナ対策は全くやってない。感染しそうで怖いが、ここまで来たので仕方ない。昼酒を飲んでいるお客と定食を食べてるお客が入り混じっている。お店の人はてんてこ舞い。どうやら10時半には開店しているようだ。待ちも発生するが回転はいいようだ。f:id:Ryugnan:20220129140451j:plain

f:id:Ryugnan:20220129140436j:plain

f:id:Ryugnan:20220129140546j:plain

f:id:Ryugnan:20220129140518j:plain

 

メニュー。カキフライ定食(1,150円)にする。f:id:Ryugnan:20220129140424j:plain

f:id:Ryugnan:20220129140505j:plain

 

すぐにお茶とお新香のようなものが出される。ナムルみたいのようだった。f:id:Ryugnan:20220129140531j:plain

 

店内は雑然としていて、お店の人も大声で注文がどうしたこうした喚いている。ずいぶん待つかなと思っていたら、注文から10分で到着。予想外に早い。f:id:Ryugnan:20220129140626j:plain

 

薄い衣の小ぶりな俵型のカキフライが4つ。f:id:Ryugnan:20220129140641j:plain

f:id:Ryugnan:20220129140655j:plain

 

食べてみると、牡蠣のジュースが飛び散る。馬鹿でかくはないが質は良い。f:id:Ryugnan:20220129140712j:plain

f:id:Ryugnan:20220129140727j:plain

 

感染したくないので急いで食べる。隣のカップルは相変わらず、酒を飲みながら談笑中。彼らが感染者だったらコロナ移ると思う。名物らしい浅蜊の味噌汁もいただく。f:id:Ryugnan:20220129140741j:plain

 

半分ぐらい食べたところ。f:id:Ryugnan:20220129140755j:plain

 

3個目のカキフライを食べる。これもジュースが飛び散る。ジューシーである。カキフライは美味いが、感染は怖い。f:id:Ryugnan:20220129140811j:plain

 

最後にお味噌汁をいただいて、浅蜊も全部食べた。f:id:Ryugnan:20220129140826j:plain

 

9分で完食。マスクを外していた時間も9分なので感染しないといいなぁ。これほどコロナの感染対策をしていないお店に行ったのは、ここ2年で初めてだった。あ~恐ろしかった。食事は美味かったが、相席で居心地悪いので、少なくともコロナ騒動が終息するまでは再訪しない。この日の東京のコロナ感染者数は17,433人で史上2番目。全国では8万4,942人で史上最多。f:id:Ryugnan:20220129140857j:plain

 

この後、前回行った「タリーズコーヒー 築地聖ルカ通り店」でコーヒーを飲みながらゆっくり新聞を読んだ。f:id:Ryugnan:20220129140911j:plain