東京カオマンガイ 神田店・カオマンガイ大、タレ2種(黒・赤)・2022年4月24日

東京カオマンガイ 神田店

TOHOシネマズ日本橋で映画を観た後、神田まで10分強歩いて、カオマンガイの有名店を初訪問。12時53分に到着。雨が降り出してきた。

 

店内。カウンター席とテーブル席があり、カウンターに案内される。7割ぐらいの入りかな。

 

メニュー。カオマンガイをごはん大(850円)、タレを追加1種(60円)で注文する。タレは黒ダレと赤ダレにする。合計910円。

 

なんでだかわからないが案外時間がかかり、注文から8分で到着。

 

カオマンガイは並だとご飯の量が少ないとネットで書いてあったので大にしたが、十分な量に見える。

 

ご飯をいただく。海南鶏飯に比べると鶏の味が薄い感じ。ソースをかけて食べると丁度いい。

 

蒸し鶏もまずまずの味だが、松記鶏飯の蒸し鶏に比べるほどのものではない。

 

鶏をあらかた食べつくしたところ。赤ダレがなかなか美味いのでご飯にかけていただいた。

 

最後にチキンスープをいただく。ナチュラルな感じで熱々。なかなか良い。

 

7分で完食。思ったより良かった。でもやはり、カオマンガイより海南鶏飯の方が好み。

 

1990年公開の「ゴッドファーザー Part 3」を今回、監督のコッポラが再編種して、「ゴッドファーザー 最終章 マイケル・コルレオーネの最期」として公開した。以前より面白く感じられた。ソフィア・コッポラは相変わらずミスキャストだと思うけど。

 

家の近くでつつじが咲いていた。