むさしや@新橋・オムメキシカン・2022年5月10日

むさしや

午前は出社だったが午後から在宅勤務のため帰る途中で、ニュー新橋ビルにある洋食店を訪問。コロナ禍で在宅勤務になる2020年3月以来、2年2カ月ぶりで2回目。 明治18年(1885年)創業とあるが、いまの洋食屋スタイルになったのは2006年とのこと。いつも行列がある。12時23分に到着。行列は10人程度。座席は7席で回転は速いので待つことにする。

 

壁のメニュー。行列に並ぶとすぐに注文を聞かれる。前から食べたかったオムメキシカン(950円)にする。ジャンバラヤを玉子でくるんだもの。ジャンバラヤは米国ルイジアナ州ケイジャン料理なのだが、何故だかメキシカンと言う名前になっている。2年前から100円値上げしている。

 

厨房は3人体制。サービスは1人の合計4人での運営。

 

座席は7席のみで通路との仕切りは簾のようなもので仕切ってあるような感じ。

 

結構待って並んでから18分で入店。

 

既に注文が入っているので入店から1分でオムメキシカンが到着。ちなみに注文の9割以上はオムライスで、それ以外はたまにナポリタンとかカレーの注文が入る。

 

中身をオープン。

 

いただいてみる。久しぶりに食べたジャンバラヤ。スパイシーで美味い。

 

更にスパイシーにするためにタバスコをたっぷりかけた。

 

一気にオムメキシカンの半分まで食べ進めた。それほどボリュームはないなとこの時は感じていた。

 

その後、付け合わせのナポリタンにとりかかるが、これが予想以上のボリューム。しかも昔ながらの作り置きの美味しくないもの。これでかなりお腹一杯になる。

 

ようやくナポリタンを片付けてから、オムメキシカンの最後の半分をいただく。

 

最後に茶碗に入ったお味噌汁をいただく。

 

9分で完食。満腹になった。ジャンバラヤをとても久しぶりに食べることができて満足。行列に並んだ時に注文を聞いて、座ったらすぐに出てくるので回転はとても速い。値段も特に安くないのでなかなかの儲けだと思う。

 

12時52分に退店してみると、行列5人。

 

この頃は5月というのに梅雨時のような天気が多いが、今日は晴れている。この後、帰宅して2時からのオンライン会議に備えた。コロナが4日連続で同曜日で増えてきた。もうすぐ第7波かな。東京都の感染者数は4,451人。