赤坂 麺恋屋・盛岡冷麺・2022年5月12日

赤坂 麺恋屋

今日は出社日。会社で重たい会議がある。自分の部署のプレゼンの前にランチ休憩となった。嫌だなぁ。プレゼン終わってからゆっくりランチしたかった。今日は全部の会議が終わったら時間休を取って、立石の臓物の殿堂「宇ち多”」に行こうと思っているので昼は軽いものと考え、去年の7月に開店したと言う盛岡冷麺のお店を初訪問。これまでこのお店については全く知らなかったがネットで存在を知ったので冷麺好きとしては未訪ではいけいない。会議は12時25分にランチ休憩となった。12時35分に到着。お店は地下にある。

 

店内。カウンター席が空いていた。その他に座敷席がある。和食屋の居抜きかな。

 

メニュー。盛岡冷麺(990円)にする。

 

どういうわけかもの凄く時間がかかり、注文から15分で着丼。

 

軽く食べたかったのだけど、普通でも麺量は200gある。麺は弾力が半端なくあり噛み切れない。

 

牛筋肉が一切れだけ入っている。玉子は判個。カクテキは2切れ。リンゴは一切れ。

 

麺は弾力があり過ぎて啜れない。まあまあ美味しいけど、最後にスープを飲んでみてげんなり。牛を煮込んだスープというより業務用の感じ。濃すぎて飲めない。残念だなぁ。美味ければまた来たかったのに。蒲田の名店の味と比べると雲泥の差。

 

なんだか残念な気持ちながら、お腹だけは一杯になり会議に戻った。ちなみに会議は3時間半とこれまでで一番長かった。しかも自分のプレゼンもとても長くなってしまった。反省。