ヤンヤン@東銀座・上海炒麺(手打ち炒め焼そば)・2022年5月17日

ヤンヤン

本当は4時で仕事を切り上げて、映画「シン・ウルトラマン」を観てから東銀座で夕食と考えていたのだが、5時から会議が入ったので、映画は明日に延期した。会議が終わってから、東銀座の「中華三原」に行ってみたら、準備中とのこと休業してしまったのかな。昼の営業は止めてしまったので難易度の高いお店である。仕方なく、こういうこともあるかと思い、手打ち麺が美味しいと評判の近くの中華料理店に変更。6時38分に到着。

 

店内に入ってすぐに見える麺打ち場。

 

客席は2階のみ。それほど広くはない。6人組のサラリーマンが宴会をしていた他は一人客が多かった。

 

メニュー。上海炒麺 手打ち炒め焼そば(1,000円)にする。夜でも特段高くなく、町中華的な使い方ができるので人気があるのでは。

 

注文から結構待ち、16分で到着。

 

太麺の手打ち麺がボリュームありそう。

 

いただいてみる。やはり手打ち麺が美味しい。具材は野菜中心で、海老は2個。豚肉はごくわずか。

 

辣油とお酢をかけて自分好みの味にする。

 

更に食べる。やはり抜群の麺の美味さ。これならこの麺で冷やし中華も食べてみたい。

 

最後にスープをいただく。

 

10分で完食。かなりのボリュームだった。これで1,000円と言うのは場所を考えてみるとリーズナブルだと思う。

 

また来てみたい。今度は冷やし中華だな。

 

これは準備中だった「中華三原」。いつか名物の炒飯を食べてみたい。

 

帰りはせっかくなので、銀座の街を歩きながら新橋駅まで行ってみた。なかなか夜の街も活気を取り戻しているようだった。