日光金谷ホテル・2022年5月21日

日光金谷ホテル

1873年明治6年)6月開業。現存する日本最古のリゾートクラシックホテルとして、登録有形文化財に登録、及び近代化産業遺産に認定されている。過去には、フランク・ロイド・ライト(1905年)、アインシュタイン博士(1922年)、ヘレン・ケラー(1937年)らが滞在した。本館は、木造一部大谷石造。1936年(昭和11年)に地下を掘り下げて総2階から総3階に増築するなど、これまで数回の増改築を行っている。2016年(平成28年)、東武鉄道連結子会社となる。

宿泊したわけではないが、メインダイニングでランチをいただき、館内を見学し、お土産を購入。

 

フロントとロビー。

 

1階のラウンジ。

 

2階。

 

昔の食堂。

 

金谷ホテルギャラリー。

 

ギフトショップで名物の「百年カレーパイ」(400円)を家内が購入。

 

自宅で食べた。普通に美味しかった。

 

2時11分に日光金谷ホテルを出て、神橋バス停から東武バスで日光東武駅に向かう。

 

日光東武駅前でお土産を購入し、2時57分発の東武特急スペーシアで北千住まで行き、そこから常磐線で品川まで来て、大森まで戻ってきた。