松栄 恵比寿本店・にぎり 松・2022年6月22日

松栄 恵比寿本店

リーズナブルで美味しいとネットで見て、恵比寿にある老舗鮨店を初訪問。調べてみると1966年創業の町の寿司屋だった「松栄」を再生して、現在恵比寿を中心に15店舗、海外にも店舗を持つ株式会社ピューターズ発祥のお店だそうだ。何か高級鮨店ながら資本系の臭いを感じたのだが。資本系のお店だった。時間休を取って、予約して11時31分に到着。

 

店前のメニュー。にぎり松(小付2皿、にぎり14貫、お椀)(5,700円)を予約してある。

 

店内。既に半分ぐらい入っていて、退店する頃には満席近くになっている。

 

卓上にあるメニュー等。

 

北寄貝のヒモにあん肝ソース。

 

さわらの子煮つけ。

 

平目・美味い。

 

真鯛の昆布締め・これも良い。

 

鮪中トロ・やや小ぶりだが抜群に美味い。

 

北寄貝炙り・これも良い。

 

馬糞雲丹・この値段でこれほどのものとは凄い。

 

のど黒のカラスミかけ・のど黒に火が入り過ぎじゃないかな。

 

車海老 味噌乗せ・美味い。

 

金目鯛・美味しい。

 

 

お椀

 

時しらず 山わさび乗せ

 

突然、キュウリが出される。

 

鮪中落ち うずらの玉子乗せ

 

金華鯖・ビニールの端が付いていた。杜撰な仕事だ。

 

玉子

 

穴子 塩・あまり穴子を感じなかった。最後なのに残念。

 

穴子 ツメ・これもいまいち。

 

最初の皿出しから30分で終了。これは嬉しい。つまみ2皿と13貫と玉子で5,700円は非常にリーズナブル。おしぼりが来なかったり、お茶を頼んでも来なかったり、雑な仕事があったりしたが、流石資本系なだけあって、値段が安くて美味しいお鮨も案外あった。居心地もそんなに悪くなかった。昔の寿司清に似ているかな。

 

また来てもいいが、個人店を応援したい気もする。

 

1階プランターミニトマトうどん粉病にかかっていると友人に指摘され、昨日、病気にかかっている葉や茎を切り落とした。また、病気が茄子に移らないように、場所を移した。

 

庭のミニトマトも病気にかかっている葉や茎は切り落とした。すっきりした。

 

幸いなことに茄子は病気になっていなかった。一安心。