旨肴 すずき@大崎・はもふらい定食・2022年7月15日

旨肴 すずき

大崎にある割烹がランチで出しているアジフライが美味いとネットで見て、いつか行きたいと思っていたら、食べログで鱧のフライが美味いとの投稿を見た。鱧は大好物で特に鱧の天ぷらは大好物だ。こちらのお店は毎日、豊洲市場でお魚を仕入していて、毎日メニューが異なる。11時前ぐらいにインスタに今日のランチメニューが掲載される。行きたいと思った時は鱧の入荷がなかったりでなかなか行けなかったが、ここ数日は鱧が入荷していた。今日もメニューに載ったのを確認し、時間休を取って、梅雨空の下、大崎に向かった。大崎の駅で降りたことは記憶にない。駅から7~8分歩いて、定時開店1分前の11時29分に到着。

 

メニュー。店前にはお店の人がいて、店内かテイクアウトか聞いて、注文をしてお金を支払ってから入店する。勿論、はもふらい定食(1,600円)にする。

 

店内。先客1人・後客3人。皆、はもふらいを頼んでいたと思う。カウンター席に案内される。なかなか居心地は良い。カウンターの後ろにはテーブル席もあった。

 

皿出しはとても早くて入店後2分で提供された。

 

はもふらい。なかなかの大きさのはもが4つ乗っている。

 

小鉢は3種。

 

最初の1つはレモンを絞って、塩でいただいた。フワフワのはも、とても美味い。あと、ご飯が美味い。これは定食では重要。

 

2つ目は醤油をかけてみる。

 

3つ目はソースにする。

 

最後の4つ目はまた塩にする。これだけはもを堪能できて満足。

 

はもふらいを食べてから、残ったキャベツにソースをかけていただいた。

 

最後にお味噌汁をいただく。甘海老で出汁を取っていて、非常に丁寧な作り。お店の真面目さがよくわかる。

 

12分かけて完食。魚の仕入れにこだわっているだけあって、美味しかった。値段が高いのは鱧ならいいのだが、アジフライも1,600円するのはどうなのかな。よっぽど美味しいアジフライなのか。鯵の季節は今なので、また食べに来ようかな。

 

食べ終わったら雨はやんでいた。また大崎駅まで戻った。大崎は近未来都市のような感じになっている。東京のコロナ感染者数は、1万9.059人。第7波であるが、政府は行動制限はしないとのこと。3回目と4回目接種とPCR検査で対応するんだって。こんなんで対応できんのか?そのうち病院が感染者で溢れて、また死者が沢山出るんじゃないの。

 

夜は久しぶりにそれほど暑くなかったので料理をした。オオゼキで買ったマグロのカマに塩・胡椒・スパイスをかけて、オーブンで35分焼いた。かなり美味かった。