とらきち家@東白楽・チャーシューメン、ほうれん草・2022年7月16日

とらきち家

お盆に六角橋の善龍寺にお墓参りした後に近所の家系のラーメン店でランチ。10カ月ぶりの訪問。開店2分前の10時58分に到着。既に開店していた。

 

券売機。チャーシューメン(900円)に、ほうれん草(100円)をつけた。合計1,000円。チャーシューメンは前回より80円、ほうれん草は30円の値上げ。味薄め、脂少なめ、にした。麺固めは前回とても固かったのでやめておいた。

 

壁のメニュー。

 

店内。ほぼ満席で空席はあと2席くらい。10時40分にお店の前を通った時7~8人並んでいたが、それほどの人気でもないようだ。まだ時間も早いし。それでも退店する頃には待ちも出ていた。

 

開店早々で注文が立て込んでいたため、着席から7分で着丼。

 

まずはスープをいただく。濃厚で丁寧に豚骨を煮込んで作ってある。

 

チャーシューは3枚入っている。前回は4枚入っていたのだがなぁ。温めるためにスープの中に入れた。

 

麺をいただく。前回、固めにして本当に固かったので、今回は普通にしたのだが、これでも固め。家系のお店ではとても珍しい。普通にするとデロデロの茹で過ぎになることが多いのだが。次回は柔らか目で頼もう。前々回までは中盛を頼んでいたのだが、年をとって前回から普通の量で十分になった。

 

ほうれん草は今回はスープのバランスに悪影響を与えていなかった。なかなか美味い。

 

温めておいたチャーシューを食べる。前よりずいぶん味が落ちている。昔はスモークがかなりかっかっていて、吉村家のと同じようでとても美味かったのだが。残念。次回はチャーシューはやめておこうかな。

 

行者ニンイクを少しだけ入れる。スープを台無しにしないように少しにしておいた。

 

固形物は食べつくしてスープだけの状態。

 

10分で完食。今日のスープの出来はとても良い。完飲した。初めてかな。

 

10カ月でちょっと変わっていたけど、スープの出来は素晴らしかった。雨模様で24度と比較的涼しかったのもラーメンを食べるのには良い環境だった。この後、東神奈川駅まで歩いて、それから大森まで戻った。

 

お盆でお参りしたお寺。雨模様であった。

 

夜、自分で作ったかますエスニック焼きと自家製漬物。東京のコロナ感染者数は、1万8,919人。全国では過去最高の11万675人だそうだ。来週には20万人になるそうだ。