馬賊@浅草・五目冷やし中華、手打ち餃子・2022年7月21日

馬賊

手打ち麺が有名な浅草の町中華を1年ぶりに訪問。これで2回目。手打ち麺が美味しい冷やし中華が食べたかったのだ。会議が早く終わり、在宅勤務に切り替える前にランチで行った。開店が11時15分なのだが、開店1分前の11時14分に到着。13人並んでいて14番目となる。後で1人来る。

 

定時に開店。

 

店前で男性がどすんだすんと麺を打っている。

 

店内。雑然とした感じ。厨房3人・サービス2人、プラス麺打ちの人なのかな。サービスのおばちゃんたちがてきぱきしていていい感じ。

 

厨房前のカウンター席はテイクアウト品等を置いてあり、席としては使っていない。

 

壁の色紙等。

 

メニュー。昨年と同様、五目冷やし中華(1,100円)、手打ち餃子(500円)にする。合計1,600円。おばちゃんが入店順に注文を取っている。良いことだ。

 

注文から7分で餃子が到着。餃子を頼む人はあまり多くない。見た目はとても美味しそうな餃子。手打ちの皮がくっきりしていて良いフォルム。 皮はパリッとしていて良いのだが餡がぐにゃっとしていて好みではない。去年も同じ感想だった。次回は餃子はやめておこう。

 

注文から15分後に冷やし中華が到着。チャーシュー側から撮影。

 

存在感のあるチャーシュー。一番最後に食べたが、ホロホロしていてかなり美味かった。

 

きゅうり側から撮影。

 

海老&ハム側から撮影。

 

真上から撮影。

 

それでは、手打ち麺をいただいてみる。

 

猛烈に美味い。

 

あまりに美味いので、麺を食べ続けてしまう。

 

去年のも美味かったが、今日の麺は極上。こんなに美味い麺は滅多にない。結局、麺を全部食べてしまった。

 

麺を食べてしまった後、残った具材。

 

冷やし中華だけなら9分で完食。いや~麺が最高に美味かった。次回は馬賊冷やし中華を大盛で食べようかな。

 

思っていた以上の美味さに大感激。

 

また麺を打っていた。

 

11時44分に退店すると外待ちは3人だった。浅草の温度は31.5度。田原町駅まで歩き、神田駅経由で大森まで戻り、在宅勤務とした。

 

浅草通り。

 

国際通り

 

今日のミニトマト。一番日が当たらない苗が枯れてきた。東京のコロナ感染者数は、3万1,878人。全国では、18万6,246人。最多だ。ますます増えるだろうな。政府はなんもやらんだろう。自然に減るのを待つだけか。まさに無策。私の部署だけは、出社は最小限にした。