いしだや@東銀座・連子鯛定食・2022年8月12日

いしだや

これも暇なので見つけた食べログ高得点のランチ。時間休を取って、昼の煮魚定食が人気の割烹を初訪問。有楽町から徒歩12分くらい。お盆なので空いていると思い、開店1分前の11時29分に到着。行列ができている。

 

定時になり地下のお店に順番に向かう。

 

店内。カウンター6席・テーブル1卓・最大10人収容可能。相席にはしていない。8人入ったが、私の所で待ちとなってしまった。20~30分待ちますけどと言われたが、ここまで来たので待つことにする。

 

厨房。親方と女将さんの2人体制。お二人とも優しい感じで雰囲気も良い。尾頭付きの煮魚が有名なのだが、一番最初に書いてあったエゾメバルは2匹しかなかった。すぐに売り切れ。

 

23分待ち、ようやく11時53分に席に案内される。皿出しは遅くはないのだが、煮魚を食べるのに時間がかかるためか、回転は速くない。メニュー。連子鯛定食(1,400円)にする。

 

注文から3分で到着。手際が良い。下ごしらえしてあるんだろうな。

 

柔らかでやや甘めの味付けのお魚。

 

小鉢。

 

お新香。

 

南部鉄器の羽釜で炊いたご飯。でもまあ普通。お代わり自由。

 

お魚を食べて行く。尾頭付きの煮魚を食べるのは久しぶり。なかなか良いものだ。身離れも良い。ご飯も食べてしまった。

 

お魚もまだ半身あるので、ご飯のお代わりをいただいた。

 

また、お魚に取り掛かる。なかなか美味いものだ。

 

お魚完食。

 

お味噌汁もいただいた。

 

完食。

 

デザートに、コーヒーもちもちが出た。まあ美味しい。

 

19分かけて完食。なかなか時間がかかるものだ。美味しかった。満足。

 

また季節を変えて、今度は開店15分前に来て、一番最初に書かれている尾頭付きのお魚を食べてみたい。退店する12時18分頃には、空席ができてきた。但し、魚はどんどん売り切れになって行くので、やはり開店前に並ぶのが一番だな。

 

時間も遅くなってしまったので、さっさと銀座を通って有楽町まで行き、大森に戻る。台風が来ているので変な天気。東銀座では30.3度。

 

近所にあった、昨年、冷やし中華を食べた「萬福」。今日はお盆でお休みのようだ。

 

銀座はなかなかの盛況。