カリカル 新橋本店・印度カツカレー・2022年8月16日

カリカル 新橋本店

4時に仕事を切り上げ、TOHO シネマズ シャンテへ「ブライアン・ウィルソン 約束の旅路」を見てから、オクロジを通って、新橋駅前ビル1号館地下の老舗カレースタンドを初訪問。1958年創業で現在の場所へは2012年に移動したとのこと。食べログカレー百名店2022に選ばれたのに興味を持ったのだ。あと最近、カツカレーが食べたくて仕方ない。6時48分に到着。

 

店前のメニュー。隣に券売機がある。わからず迷っていたら店員さんがやり方を教えてくれた。印度カツカレー(1,030円)にする。ネットでは1,200円と書いてあるのだが、どうなってるのかな。まあ安い分にはいいんだけど。

 

店内。厨房をカウンター席が囲んでいる。お盆だけあって3割ぐらいの入り。店前におじさんが立ち案内をして、厨房内には2人。3人体制。

 

席前の追加メニュー。

 

席に座ってから1分で到着。カツは見込みで揚げていたのかな。

 

印度カレー。印度カレーと言っても本当のインドカレーではなく、辛口と言った意味のようだ。

 

ポークカツが乗ったライス。福神漬とフライドオニオンがあらかじめ乗っている。

 

カレーを3回に分けてかけてみた。まず1回目。

 

ソースも出されたので、カツの半分にかけてみた。

 

まずカレーを食べてみる。予想以上に辛くて美味い。ちょっとびっくり。

 

カツと一緒にカレーを食べる。最近、カツカレー愛好家になった私には美味しく感じる。カツ自体も質はまあまあだけど、きちんと量があり嬉しい。

 

福神漬と一緒にカレーを食べる。美味い。

 

せっかくソースを出してもらったので、ソースでカツを食べる。ジャンクだけど美味い。

 

2回目のカレーをかける。カレーはスパイシーで美味い。カツとも合う。

 

3回目のカレーをかける。これが最後。

 

9分で完食。かなり満足。カレースタンドなのでたいしたものではないんじゃないかと思っていたが、スパイシーでかなり辛く美味いカレー。しかもカツもボリュームがあり、美味しかった。皿出しもとてつもなく早いのでまさにカレースタンド。忙しいサラリーマンにはぴったりだろう。暇人の私だがまた来てみたい。

 

食事の前に見た映画。ブライアン・ウィルソンの大ファンで来日公演は全て行っている。かなりお爺さんになったなあ。

 

日比谷オクロジを通って新橋まで向かう。オープンエアなので暑い。空いてはいるけど、お客の入っているお店もある。コロナが怖くないのかな。今は家族以外と外飲みはしたくないなぁ。

 

新橋駅前第一ビルに到着。地下に降りるが、ここも空いてはいるものの。お客が入っているお店もある。

 

食事を終えて、京浜東北線で大森まで戻るが、暑くて汗が噴き出す。今日は今年で一番暑く感じる。大森駅前ではぼんぼりが灯っていた。