モリエール@札幌(ミシュラン三つ星)・Menu HOKKAIDO・2022年8月22日:夕食

モリエール

6年前にランチで訪問して、カスベのムニエルに感動したものだった。居心地もとても良かった。今回は家内とディナーで訪問。9時には閉店するというので6時半の予約にした。

 

店内。お客で一杯。活気がある。

 

お酒のメニュー。私はワインハーモニーというペアリング6グラス(9,460円)、家内は4グラス(6,380円)にした。

 

シャンパンはもらわず、最初から白ワインをもらう。1杯目。

 

食事は、Menu HOKKAIDO(16,500円)を予約時に、そして魚料理はカスベを頼んである。まず最初にアミューズ(玉ねぎとベーコンのタルト)。熱々である。

 

ガスパチョ。久しぶりで美味しい。

 

白ワインを少し足してくれる。

 

パン。焼き立てでびっくりするほど美味しかった。

 

枝豆の天ぷら仕立て。

 

ワイン2杯目。


季節野菜(ブロッコリーカルボナーラ仕立て)。なかなか大胆な料理。

 

前菜(馬糞雲丹のゼリー寄せ じゅんさいソース)。

 

ワイン3杯目。


魚介料理(カスベのムニエル レモンバターソース)。熱々のが供される。美味しいけど以前の感動は無かった。もっとレモンやケッパーの味が濃い方が好み。

 

洋梨とレモンのシャーベット。一口食べてみる。

 

そこにオードヴィーをかける。なかなか面白い。

 

肉料理(エゾジカのロースト 燻製仕立て)。なかなか良いプレゼンテーション。美味しかった。

 

ポテトのグラタンが供される。

 

4杯目のワイン。ようやく赤ワイン。


北海道チーズ(十勝のラクレットチーズ)。

 

5杯目のワイン。


デザート1(牛乳ソルベ)。

 

デザート2(レモンゼリーとイチゴと葡萄)。

 

サービスで出されたアップルパイ。

 

家内のパイに当たりの人形が入っていた。

 

ハーブティー。なかなか手の込んだもの。ここまでで8時23分。

 

他のお客は帰ってしまい、我々が最後のお客になる。お店の人に写真を撮ってもらい、お店の写真も撮った。こちらのお店は皿出しが早い。サービス陣はフレンドリーだが独特の雰囲気。後ろにうるさい客がいてやや嫌だった。サービスで予定外のを出してくれてお得感をくすぐるのもこちらのお店の特徴。サービスのアップルパイも大きくて満腹。ペアリングのワインは白ワインが多くて不満足。考えてみるとワイン6杯のはずが5杯しか出なかったなぁ。私の勘違いか。8時40分過ぎには退店。2人で48,840円。まずまずかな。お腹一杯。