保昌@横浜中華街・牛バラ肉カレーご飯、カニ肉入りレタスチャーハン、海老のライスペーパー巻・2023年9月23日

保昌

お彼岸なので家内と六角橋の善龍寺にお参りに行ってから、横浜中華街へ行きランチを食べた。中華街に来るのは昨年の大晦日以来。ほぼ9カ月ぶり。

 

まだ11時過ぎだけど、なかなかの混雑。良いことだ。

 

観光バスも来ていた。

 

中華街のメインストリートを進む。

 

途中に聘珍楼本店の跡地があった。残念だなぁ。

 

香港路を進む。

 

海員閣。行きたいのだが、人手不足で大変そうだ。ようやく今月から予約のコース料理のみで営業再開。

 

11時半の予約だが、11時11分に到着。お店には既にお客がかなり入っている。テレビの露出が多いので人気があるのだろう。先日も、「秘密のケンミンSHOW」に中華街のカレーで出ていた。我々もそのカレーを食べに来たのだがね。

 

1階はほぼ満席なので2階に案内される。

 

メニュー。牛バラ肉カレーご飯(990円)、カニ肉入りレタスチャーハン(1,300円)、海老のライスペーパー巻(1,100円)。合計3,390円。

 

注文から11分後に牛バラ肉カレーご飯と海老のライスペーパー巻が到着。その3分後にはカニ肉入りレタスチャーハンも到着。まずカレーを取り分けていただく。それほどボリュームは無い。味的には辛さもあり美味いカレーだと思う。

 

海老のライスペーパー巻はネットで見て美味しそうだったので頼んだのだが、これがなかなか良かった。美味かった。

 

カニ肉入りレタスチャーハンは外のディスプレイのフォルムとは全くの別物ではあったが、ボリュームもあり、中華の王道のような味わいだった。但し、塩を入れるのを忘れたのか塩味が足りなかった。

 

14分で完食。満腹ってほどにはならなかったが、夜はフレンチビストロに行くので、これぐらいでちょうど良い。

 

退店した11時47分には行列になっていた。

 

関帝廟の前を通り、いつもの中華スーパーで中華食材を購入して大森に戻った。

 

お彼岸でお参りに行った六角橋の善龍寺。