モンスナック 新宿野村ビル店・カツカレー、辛口変更・2022年9月25日

モンスナック 新宿野村ビル

SOMPO美術館で絵を鑑賞してから、すぐ近くに移転してきたカレーの老舗を初訪問。1964年(昭和39年)に新宿で創業し、「新宿カレーの名店」とも言われた老舗のカレースタンド。2021年7月、店を構えていた紀伊國屋ビルの耐震補強工事に伴い閉店していたが、2022年1月に「新宿野村ビル」に再オープンした。定時の11時に開店。

 

店前のメニュー。

 

券売機で、カツカレー(900円)と辛口変更(50円)を購入。総額950円。

 

店内。カウンター席のみ。厨房1人・サービス1人で2人体制。先客1人・後客2人。時間も早いせいかガラガラ。

 

福神漬とお新香がセットされている。嬉しい。

 

カツを揚げるのに時間がかかったせいか、注文から6分で到着。

 

カツの部分。昔ながらの薄いペラッとしたカツ。

 

福神漬とお新香を乗せる。

 

カレーはシャバシャバのスープ系のカレー。もちろんスープカレーではない。

 

では、いただく。辛口にしたけれど、それほど辛くはない。シャバシャバだけど、味はしっかりしている。

 

薄いカツもこのカレーには合うんじゃないかな。

 

豚肉も二切れ入っていた。

 

半分ぐらい食べたところ。普通のカレーとは違い、ご飯に比べてカレーが多い。

 

ラストスパートで食べる。

 

カツも一緒に食べる。

 

12分で完食。カレーが残ったが全部いただいた。ご飯の量はそれほどではないが、カツもあるし、カレースープが多いので満腹になった。老舗の名物カレーを食べられて満足した。

 

このような高層ビルの地下にお店はある。

 

自宅1階プランターのじゃがいもの芽が大きくなってきた。芽かきや土寄せをする時期になってきた。